そこでしか味わえないコクとキレ!おいしいクラフトビールを堪能する方法などをご紹介

このサイトはそこでしか味わえないコクとキレが楽しめる、おいしいクラフトビールをより堪能する方法などをご紹介しています。
ビールが好きなので、いろいろな種類のものを味わってみたいという場合におすすめです。
小規模な醸造所で作られるビールは、アメリカでの大流行を経て日本でもブームに火が付きました。
そこでしか飲めない、地域の特産品を原材料にしたものも多いのが、小規模ビール醸造所で作られるタイプのビールです。

そこでしか味わえないコクとキレ!おいしいクラフトビールを堪能する方法などをご紹介

クラフトマンシップが感じられる、クラフトビールを堪能するにはどうしたら良いかという疑問を持っている人は多いのではないでしょうか。
一般的にビールと言うとキンキンに冷やしたものを流し込み喉越しを楽しむというイメージがありますが、クラフトビールはあまり冷やし過ぎず香りや味わいを楽しむのがお勧めです。
何故ならクラフトビールにはエールビールに分類されるものが多いため、豊かな味わいや香りが魅力であるからです。

クラフトビールと地ビールの違いには正式な定義がある

クラフトビールの定義は、そのcraft(工芸品)という名のとおり、「ブルワーや醸造家がこだわりを持って作り出す、個性を持ったビール」と言われています。
ちなみに、アメリカでは次のような条件を満たしていることだとされ、それは「小規模」「独立している」「伝統的」この3つです。
よく、日本では「地ビール」との違いが取り沙汰されますが、地ビールは1994年の酒税法改正によりビールの小規模醸造ができるようになった際に生まれた用語です。
つまり、地域に根付き小規模に造られるもの、という点ではこの2つに違いはありませんでした。
ところが、この改正によって生まれた数多くの醸造所で製造された商品のなかには、品質がいまひとつといったものが少なくなかったのです。
そんな折り、アメリカのクラフトビールブームが日本に到来、こだわりの職人がプライドを持って造るビールの魅力を追求する流れが強まります。
これによって、日本のクラフトビールの品質と地位が向上することになったと言われているのです。

伝統を重んじて醸造されるクラフトビールの良さ

クラフトビールの素晴らしいところは、何と言っても伝統を重んじた丁寧な製法にあると断言できます。
一般的なビールの作り方とはかなり違っていて、小さな醸造所を使用してじっくりと作り上げていく為、こだわりの深い味に仕上がるとしてとても評価されているのも納得です。
また、クラフトビールの良さを最大限に活かせるように、ご当地ならではの素材を使用した多種多様な味を楽しめるようになってきている点も魅力の一つになっています。
元々は外国で広く親しまれてきたクラフトビールでしたが、最近は日本でも需要が高まってきていること、年々質が向上していて誰もが好みのクラフトビールを見つけられる時代になってきたことが人気を獲得できた理由かもしれません。
これからも伝統はずっと継続していくと思うので、どんな味が新しく誕生していくのか、日本の商品は外国にも受け入れられるまでになっていくのかを注視しながら思う存分楽しんでいきましょう。

まずはクラフトビールの詰め合わせで試飲するのがおすすめ

これからクラフトビールを飲もうと考えている方が多いと思われます。
飲食店だけでなく自宅で飲む人が増えており、スーパーなど多くの店で購入することが可能です。
ただ、様々な銘柄があるため、どれを選んだらいいか分からない方が少なくないはずです。
自分に適したクラフトビールを見つけるために、詰め合わせを購入して試飲することをおすすめします。
いろんな銘柄が入っているため、自分の好きな味や香りのものを見つけることが可能です。
気に入ったものがあれば、次に購入する際はそれに近いものを購入して飲み比べることで、自分にとってベストなクラフトビールを選ぶことができるようになります。
また、実際に飲んでいる人の意見も参考にしてみてください。
飲んでみないと分からないことがあるので、参考になる情報が得られます。
同じ銘柄をまとめて購入してしまうと合わなかった時に無駄になるため、詰め合わせで試飲することからスタートした方が失敗しにくいです。

酒税法の改正でクラフトビールが醸造できるようになった経緯と歴史

クラフトビールの人気が高くなっていることは多くの方が知っているはずです。
日本で盛んに製造されるきっかけとなったのは、1994年の酒税法の改正になります。
それまではビールを製造するためには年間で最低2000キロリットルも必要でしたが、改正にされたことで最低60キロリットルになり、小規模な醸造業者でもビールを造るところが増えました。
日本のクラフトビールの歴史において大きな変化になります。
2000年くらいは高くて美味しくないイメージがあって売れない時期が続きましたが、2010年くらいを境にクオリティが一気に向上し人気が高くなりました。
売れない時期は地元の特産品としての側面が強かったのですが、海外の製法や原材料を参考にして味も高く評価されています。
味や香りなど一般的なビールより優れており、今後も人気が続いていくと予測できます。
様々な銘柄があるため、いろんな銘柄を試して、自分に合った銘柄を見つける楽しみ方ができることも特徴です。

著者:菱沼正士

筆者プロフィール

東京都大田区生まれ。
旅行が趣味で全国各地のクラフトビールを飲み歩く。
大好きなクラフトビールの魅力を発信しています。
クラフトビールの詰め合わせを注文するならこちら